にきび跡治療

もし、にきびの跡が残ったら美容外科などで治療をするのが良いでしょう。


レーザー治療は、レーザーの照射で肌内部からのコラーゲン生成を活性化、肌の再生を促進させ、傷やへこみを収縮させます。
ケミカルピーリングは、化学物質によってお肌の角質層を削り取る治療の方法で、にきび跡(クレーター)を目立たなくする効果があるものです。
ビタミンC誘導体はコラーゲンを生成する働きがありますので、凹凸になってしまったにきび跡(クレーター)にも効果があると見られています。

基本的なことですが、にきびができたら、炎症ができないようにできるだけ触らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です