鼻のにきび

鼻のにきびの原因は、鼻を触る癖がある方などは細菌がつく機会が増えるため、にきびができる原因になると言われています。

顔にできるにきびは、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりが多いのですが、鼻は比較的毛穴が大きいので皮脂や老廃物が詰まりにくいのです。

しかし、日常ホコリなどが混ざった空気に触れたり、紫外線にさらされたり、油分の多いファンデーションなどによって、角質が厚くなってしまい、皮脂分泌量が多い部分とターンオーバーの崩れから、毛穴が詰まりやすくなってしまうこともあります。

その毛穴に詰まった皮脂に、皮脂を好むアクネ菌が増殖すると、鼻にきびになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です